タイトル画像 アイコン画像

BOOK CATALOG
背景画像 背景画像
サムネイル画像
アイコン画像 テキスト画像

テキスト画像

自遊空間ZERO 著
定価
1200円+税 B5変形サイズ80ページ
ISBN
978-4-909201-00-3
購入はこちらから

テキスト画像

ABOUT THIS BOOK

「私たちって、人間の誰かさんの夢なんだろうか!?」
カエデが逃げ込んだイルカさんの世界は、自由でノビノビとして、 いつまでもこうしていたい ——— そんな世界でした。
そんなイルカさんとの暮らしの中で、カエデは自分の中にある「ナゼ」と出会い、「ナゼ」を探すことで、自分自身と向き合おうとします。
「自分はナゼ逃げ出してきたんだろうか?」
イルカさんの仲間になったカエデが思いついたゲームとは…………。
子供時代に、自分の中の「ナゼ」と向かい合うことは、 「自分がナゼ生まれてきたのか」、 「自分とはいったい何なのか?」 を考えていく大きなチャンスと出会うことだと思います。 大人になるにつれて、そんな「ナゼ」を忘れていくのではなく、 自分の人生を歩んでいく上での大切な宝物として、 また自分のパートナーとして、 自分の中の「ナゼ」とつきあってほしい。 そんな思いからこの本は生まれました。
編集工房DEPでは、「ぼくのなぜ、わたしのなぜ」(わたしたちはなぜ生まれてきたの?)という本を企画し、小学校高学年〜高校生程度の子供たちに、この本の製作に協力してくださるよう呼びかけました。 協力してくださる子供たちには、三通の簡易郵便封筒を送りました。封筒と便せんが一緒になった優れもので、この封筒の裏に直接手紙を書き、ポストに投函するだけで、こちらへ届くという便利なモノです。 この封筒に、次のようなことを書いてほしいと、子供たちにお願いしました。
(1) まず最初の封筒には、自分が感じている「なぜ」を、どんどん書き出して送ってください。箇条書き、殴り書き、どんな形でもかまいません。
(2) 次の封筒には、たくさんの「なぜ」の中から、自分にとって最も重要な「なぜ」を一つ選び出し、書いてください。今の自分にとって、それが自分の人生の大切なキーワードと思えるモノ。これを一つ選び出して送ってください。
(3) つぎの封筒には、なぜ、それを選んだのか、自分に問いかけて、自分の今の生活や背景も含めて書いてみてください。
自分が、自分自身のインタビューアーになって、自分に取材し、自分に問いかけた結果を書いて送ってください。 いただいた手紙を元に、「人間の子供たち」を「イルカの子供たち」に変え、ストーリー性のある、かわいい子供向き絵本に仕上げました。 大人たちにとっては、成長するにつれ忘れていく、自分の中の大切な「なぜ」を思い出すきっかけになれば、また子供たちにとっては、自分の中に芽生えた大切な「なぜ」を、本当の自分を知る大事なヒントとして、忘れず持ち続けてほしい、そんな一冊になればと思っています。

テキスト画像 アイコン画像
サムネイル画像

自遊空間ZERO

「僕のナゼ、私のナゼ ~ わたしたちはなぜうまれてきたの? ~」という本を企画し、小学校高学年~高校生程度の子供たちに、この本の製作に協力してくださるよう呼びかけました。この本は、自遊空間ZEROと子どもたちの共同製作です。

アイコン画像
サムネイル画像

テキスト画像

ここに簡単な書籍の紹介文が入りますここに簡単な書籍の紹介文が入ります ここに簡単な書籍の紹介文が入りますここに簡単な書籍の紹介文が入ります ここに簡単な書籍の紹介文が入りますここに簡単な書籍の紹介文が入ります ここに簡単な書籍の紹介文が入りますここに簡単な書籍の紹介文が入ります

CONTENTS

一部紹介
サムネイル画像
サムネイル画像
サムネイル画像
アイコン画像 アイコン画像

テキスト画像

テキスト画像